骨粗しょう症

1日に必要なイソフラボンの量

女性は加齢とともに肌のハリや弾力がなくなり、シミやシワが増えていきます。
体には脂肪がつきやすくなり、骨はもろくなり血管の中には中性脂肪やコレステロールが蓄積され、動脈硬化を起こしやすくなります。
それも、今までそういったトラブルを予防してきてくれた女性ホルモンのエストロゲンが減少するせいです。

しかし、うれしいことにエストロゲンの働きと似た作用があると言われている栄養素があります。
それがイソフラボンhttp://xn--u9jwf1cqe9a3e7c5559a7jxb.com/です。
イソフラボンを摂取することで、アンチシジングのさまざまな効果が期待できるとされています。

しかし、イソフラボンは摂れば摂るほど、美容や健康に効果が高くなるか、というとそうではありません。
イソフラボンの1日に必要な量は40~50mgと決まっています。
納豆なら1パック、豆腐なら半丁といったところです。

さらに1日の摂取量の上限は70~75mgと言われています。
それ以上摂取すると、女性ホルモンのバランスが崩れて、今度はさまざまな副作用を引き起こす危険性があるのです。
納豆や豆腐、豆乳などの食品から摂取する分には心配ないと言われていますが、サプリメントからの摂取には注意が必要です。

サプリメントの量はしっかり確認して摂取するようにしましょう。
何事も過ぎたるは及ばざるがごとしです。
1日に必要な量をしっかり守って、過剰摂取はしないようにしましょう。


↑こちらにはダイエットとバストアップに効果的なイソフラボン製品が紹介されています。

このページの先頭へ