骨粗しょう症

美肌とイソフラボンの関係

加齢とともに失われていく肌のハリや弾力、できやすくなるシミやシワ。
これらは女性ホルモンのエストロゲンが減少していくためです。
年を取っても美肌を保つには、エストロゲンの減少を遅らせたり、最小限にとどめることが必要です。

そのためには、イソフラボンを摂取するという方法があります。
イソフラボンはエストロゲンと似た構造を持ち、エストロゲンと同じような働きをすると言われている栄養素です。
イソフラボンを摂取することで、女性ホルモンのバランスを整え、肌荒れを改善してくれる働きをします。
他にもバストアップ効果も期待できるとhttp://stanleybleifeld.com/bust.htmlにかいてあります。

また、イソフラボンには抗酸化作用があり、活性酸素によって傷つけられるコラーゲンを守ってくれるのです。
さらに、血行をよくしてくれる働きがあるので、肌に必要な栄養や酸素を肌のすみずみまで届け、新陳代謝を促し肌のターンオーバーを正常にしてくれます。
その結果、余分なメラニンが排泄され、シミやくすみを改善し、乾燥を防いで肌荒れをしない健康な肌にしてくれるのです。

美肌効果のあるイソフラボンは納豆や豆腐、豆乳などの大豆製品に含まれています。
さらにイソフラボンのサプリメントやイソフラボンを配合したスキンケア用品を使うのも、美肌につながります。
もちろん、規則正しい生活、偏食をしない、適度な運動をする、といった生活習慣も美肌づくりには欠かせませんよ。

美肌作りには最近話題になっているプラセンタという胎盤からできている成分もおすすめです。
▼プラセンタの人気スキンケア商品はこちら


▼人気のサプリメントはこちら

このページの先頭へ