骨粗しょう症

イソフラボンはどうやって吸収されるの?

アンチエイジング効果が高く、美容にも健康にもいいと言われるイソフラボンは、大豆の中に多く含まれています。
大豆の中ではグリコシドという糖と結びついた状態で存在しているのですが、体内で吸収されるには、腸内細菌の持っている酵素の働きで、糖を切り離した状態であるアグリコンという形で吸収されると言われています。
イソフラボンにはアグリコン型の他にグリコシド型というイソフラボンがあり、体内に吸収されやすいのは、糖が周りについていないアグリコン型だと言われています。

イソフラボンはhttp://www.uc-osteoporosis.com/natto.htmlにもかいてありますが、
納豆や豆腐などの大豆製品に含まれていますが、アグリコン型と言われるのは味噌です。
アグリコン型ではない納豆や豆腐は体内に吸収されないのか、というとそういうわけではありません。
腸内細菌によって糖が外されれば吸収されます。

ただ、吸収されやすいのは味噌だということなので、お味噌汁に納豆や豆腐などを入れて食べるのがいいようですね。
また、腸内細菌の量は個人差があるので、グリコシド型のイソフラボンがどれくらい吸収されるかは、人によって違いが生じるのです。
確実にイソフラボンを吸収されるには、アグリコン型イソフラボンのサプリメントを利用するといいかもしれません。
しかし、過剰摂取は副作用のリスクもあるので、適切な量を服用するようにしましょう。
過剰摂取の心配のない化粧品タイプhttp://www.tofu-recipe.com/beautiful.htmlもあります。
外からも内からも綺麗になってみませんか?

このページの先頭へ