骨粗しょう症

エイジングケアとしてのイソフラボンの摂りかた

加齢とともに失われていく肌のハリやみずみずしさ。
加齢とともに肌のターンオーバーが乱れ、乾燥しやすくなり、シミやシワも増えて行きます。
また、更年期障害と言われる症状も出てきます。

それらは女性ホルモンのエストロゲンの減少によるものです。
しかし、減少していくものは仕方のないもの、とあきらめてはいけませんね。
そこで役立つのがイソフラボン。

イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすると言われています。
そのため、イソフラボンを摂取することで、さまざまなエイジングケアが期待できるのです。
そんな女性に嬉しいイソフラボンは、納豆や豆腐、味噌などから摂取することができます。

特に納豆は1パック食べれば1日の摂取量に足りる、と言われているほど。
そうはいっても、食材からイソフラボンを摂取するよりも吸収率がいいのは、サプリメントです。
サプリメントには、イソフラボンのエイジングケアに役立つための栄養素が凝縮されています。
イソフラボンを効率的に摂るにはおススメの方法です。
その他にもスキンケア商品http://www.ontariosolarnetwork.org/kesyo.htmlとして外側から肌につけることも良いでしょう。
体内に摂取するサプリメントの場合、1番効果が期待できますが、用量・用法はきちんと守って摂取しなければいけません。
イソフラボンの過剰摂取はホルモンバランスを崩す原因になると言われています。
イソフラボンの摂取目安量は、上限70~75mg。
そのうち、サプリメントなどで摂る量は1日30mgまでが望ましいようです。

このページの先頭へ