骨粗しょう症

イソフラボンはいつ摂れば効果があるの?

女性ホルモンのエストロゲンと似た作用があるイソフラボンには、加齢とともに失われていく肌のハリや弾力を取り戻し、更年期障害のさまざまな症状を改善、脂肪をつきにくくする働きなど、いろいろな効果があると言われています。
そんなうれしい効果がたくさんあるイソフラボンは、納豆や豆腐などの食品、またはサプリメントから摂取すればよいのですが、いつ摂るのが一番効果的なのでしょうか?
基本的にはいつ摂取しても大丈夫、と言われています。

しかし、より効果をアップさせたいのであれば、食品から摂取する場合は、朝と夜、1日2回摂るのが望ましいとされています。
それは、食べ物などから吸収されたイソフラボンは、8時間経つと半分になってしまうのだそうです。
それを補うためには、1日2回、朝と晩など時間をずらして摂取するのが好ましいとされているのです。
こちらにイソフラボンを効率よく摂れるレシピが紹介されていますので参考にしてみてください。

1日朝と晩に納豆や豆腐を食べるようにすればいい、ということですね。
イソフラボンを効果的に摂るには、納豆や豆腐は毎日食べることが基本ですよ。
サプリメントの場合は決められた用量を守って服用するようにしましょう。
いくら女性にうれしい効果がたくさんあるとはいえ、過剰摂取は副作用の危険性もあるので注意して摂るようにしましょう。

このページの先頭へ