骨粗しょう症

イソフラボンの女性ホルモン様の作用

健康や美容にさまざまな効果があると言われているイソフラボン。
その理由はイソフラボンに女性ホルモン用の作用があるからです。
イソフラボンには、女性ホルモンのエストロゲンの働きと似た働きがあると言われているのです。

イソフラボンの女性ホルモン用の作用の一つは、美肌効果です。
女性ホルモンのエストロゲンが加齢とともに減少すると、肌のターンオーバーが乱れ、乾燥しやすくなったり、シワやシミが増えていきます。
さらに、コラーゲンやヒアルロン酸も減少し、肌のハリや段弾力も失われていくことに。

イソフラボンの摂取によりそういった肌トラブルを改善してくれるのです。
また、イソフラボンの女性ホルモン様の働きは生理不順の改善や、ホットフラッシュやイライラ、肩こりや腰痛といった更年期障害の症状の緩和にも役立ちます。
さらに、女性はエストロゲンが減っていくことで、閉経の前後10年間で骨密度も低下します。

イソフラボンを摂ることは、骨密度の低下を防ぎ骨粗鬆症の予防になると言われています。
女性は更年期を迎える頃、太り出す人も多いもの。
それもエストロゲンが減少していくせです。
減っていくエストロゲンの代わりにイソフラボンを取り入れることで、中年太りの改善にも役立ちます。


↑イソフラボンに期待できる効果効能についてはこちらに載っています。

このページの先頭へ