骨粗しょう症

過剰に摂取したときのイソフラボンの副作用

女性ホルモンのエストロゲンと似た作用があるイソフラボンには、更年期障害の症状の緩和や骨粗鬆症の予防・改善、シミやシワ、たるみなどのアンチシジング作用、さらにはダイエット生理不順の改善など、女性にとってうれしい効果がたくさんあります。
しかし、効果をアップさせたくて、イソフラボンを過剰に摂取すると、副作用が心配されます。
特にイソフラボンを凝縮させたサプリメントでの摂取には、十分に注意が必要です。

イソフラボンを過剰に摂取したときに考えられる副作用として、女性ホルモンのバランスが乱れるため、乳がんの危険性が高まると言われているのです。
また、生理不順や子宮内膜症などの病気の危険性もあると言われています。
女性ホルモンはとてもデリケートなもの。

エストロゲンと似た働きをするイソフラボンが体内に入ることで、女性ホルモンが影響を受けると、副作用が出てしまうのです。
イソフラボンの過剰摂取の危険性は、サプリメントの服用において言われていることです。
納豆などの食品から摂る分には、心配ないとされています。

イソフラボンの1日の上限摂取量はhttp://ichibangai.jp/tek.htmlにもかいてありますが70~75ngです。
サプリメントでの摂取量は1日あたり30mgまでとされています。
副作用を出さないためにも、過剰摂取には注意するようにしましょう。
イソフラボンサプリメントのランキングサイトがこちらにありますので参考にしてみてください。

このページの先頭へ