骨粗しょう症

血液サラサラになるイソフラボン効果

血液がサラサラでないと、美容にも健康にも悪影響が出るのはよく知られていることですね。
血液がドロドロでは、動脈硬化になり脳梗塞などの脳卒中や心筋梗塞などの心疾患を引き起こしやすくなります。
さらに血液がサラサラでないと、肌の健康に必要な酸素や栄養素が運ばれないので、肌荒れの原因にもなりますし、冷え症や肩こり、腰痛などの原因になります。

しかし、女性ホルモンのエストロゲンが減少することで、食事から採った脂肪を体内に溜め込みやすくなります。
その結果、血液の中の中性脂肪やコレステロールが増え、血液はドロドロの状態に。
それを改善するには、エストロゲンの働きと似た働きをすると言われているイソフラボンが効果的と言われています。

イソフラボンには悪玉コレステロールや中性脂肪を取り除く働きがあるのです。
また、イソフラボンを多く含む大豆にはレシチンという成分が含まれ、血栓ができるのを予防してくれるのです。
同じくイソフラボンを多く含む納豆には、ナットウキナーゼという成分が含まれていて、血栓を溶かす作用があります。
このようにイソフラボンを含む納豆や豆腐などの大豆製品を毎日摂ることで、丈夫で健康な血管を作ることができ、血液サラサラになることができるのです。

最近視力が下がってきたけど、メガネやコンタクトにしたくないという方にはレーシックがおすすめです。
こちらhttp://xn--pckp0b6k2c9843c8q8a.ws/03.htmlにレーシック手術の仕組みが載っているので、気になる方は是非。

このページの先頭へ