骨粗しょう症

更年期障害に効果のあるイソフラボン

ほとんどの女性が経験する更年期障害。
急に顔が熱くなるホットフラッシュと呼ばれる症状や肩こり、めまい、頭痛、腰痛、発汗といった身体的症状やイライラ、不安といった精神的症状を引き起こします。
症状や期間も個人差があり、症状が重い人もいれば、ほとんど感じなかったという軽い人もいます。

更年期障害の原因は女性ホルモンのエストロゲンの急激な減少です。
エストロゲンが減少することで、女性の体のさまざまな機能が低下するため、脳は卵巣にエストロゲンの分泌を促すサインを出します。
その影響で自律神経のバランスが崩れ、神経的な不調や身体的な不調が起こりやすくなるのです。

そこでエストロゲンの働きと似た作用を持つイソフラボンを摂取することで、脳は無理な指令を送ることもなく、自律神経の乱れも防ぐ効果があると言われています。
更年期障害の対策としてホルモン療法なども注目されていますが、なかなか日本では定着していません。
もちろん、有効な手段ではありますが、日常生活の中で摂れるイソフラボンは手軽に摂れて便利なものです。
イソフラボンを含む食材を毎日摂り、ストレスや疲労、冷えなど女性ホルモンを乱すような生活習慣を見直すことも、更年期障害の緩和につながります。
手軽に摂れるサプリメントタイプも安く売っていますのでそちらでも良いでしょう。
人気のイソフラボンサプリメントがこちらで紹介されていますのでこちらの中から試してみても良いでしょう。

加齢とともに体内から減少してしまうコエンザイムQ10という成分も私たち人間にとって必要な成分になります。
減少するとシワやシミ、免疫力の低下、疲れがなかなかとれない...
など身体に数々の悪影響を及ぼす可能性がありますのでサプリメントなどでイソフラボンと併せて摂取していただきたいです。

最近目が悪くなってきて、コンタクトやメガネをしなければならなくなってしまったという方にはレーシックがおすすめです。
こちらにレーシックについての詳しい説明が載っていますので、ご覧になってみてください。

このページの先頭へ