骨粗しょう症

イソフラボンの抗酸化作用について

イソフラボンにアンチシジング作用があることはよく知られていますね。
女性ホルモンのエストロゲンと似た構造を持ち、似た働きをすることで、女性にうれしいさまざまな効果が期待できるのです。
その一つが抗酸化作用です。

活性酸素は細胞を酸化させて細胞をサビつかせ、細胞を傷つけてしまうものでもあります。
体内に活性酸素が必要以上に増えてしまうと、コラーゲンの生成を妨げたり、シミやシワの原因になるのです。
美肌づくりのためには、抗酸化作用のあるイソフラボンを摂取することは重要なことですね。

また、動脈硬化の原因にもなる活性酸素。
健康のためにも、過剰な活性酸素は取り除かなければなりません。
しかし、加齢とともに抗酸化作用は弱くなっていきます。

そのため、イソフラボンなどを摂取していくことが必要になるのです。
イソフラボンにもさまざまな種類があるようです。
中でも抗酸化作用が強いのが、大豆胚芽からつくられるアグリコン型イソフラボン
このイソフラボンの抗酸化作用によって、血行がよくなり、美肌がつくられ、代謝もよくなって肥満の解消につながると言われています。
さらにアグリコン型イソフラボンには悪玉コレステロールを善玉コレステロールに変える働きがあり、コレステロールが減少する、といった効果が期待できると言われています。

アンチエイジング効果はゴマに含まれるセサミンという成分にも期待できます。
このセサミンは副作用がないので安心して摂取してもらえます。
セサミンの人気ランキングサイトがこちらにありますので参考にしてください。

このページの先頭へ