骨粗しょう症

乳がん発症とイソフラボンの関係

女性ホルモンの一つであるエストロゲンと似た働きがあると言われているイソフラボン。
この栄養素の効果は、美肌効果、更年期障害の症状の緩和、骨粗しょう症の予防、生理不順の改善、薄毛予防、さらには動脈硬化の予防などさまざまな美容・健康効果があります。
女性のとっても、男性にとってもうれしい効果が目白押しです。

また、イソフラボンは乳がんの発症を予防する効果がある、と言われています。
イソフラボンは女性ホルモンが過剰に分泌されるのを抑えることが、乳がんの予防に役立つとされているのです。
日本人の女性は乳がんの発症が他国と比べて低く、それは大豆製品を摂取しているせいではないか、とも言われています。

しかし、注意しなければならないことがあります。
それはイソフラボンを過剰に摂取すると一転して、乳がんの発症のリスクが高まると言われていることです。
それはイソフラボンには女性ホルモンの分泌を抑える作用と、女性ホルモンの分泌を促す作用の両方があるためです。

イソフラボンを摂取しすぎると、女性ホルモンのバランスを崩すことで、乳がんのリスクが考えられるとされているのです。
イソフラボンの摂取によって乳がんが発症するというのは、あくまでも過剰摂取をした場合です。
1日の摂取量を守っていれば、イソフラボンの摂取による乳がんの発症についての問題はないと言われているので、摂取量をきちんと守って摂取するようにしましょう。
1日の摂取量の目安はこちらhttp://www.countrywillows.com/
食品からの摂取よりサプリメントでの摂取に注意が必要です。

このページの先頭へ