骨粗しょう症

イソフラボンで生理不順は改善するか?

イソフラボンを摂ると肌がみずみずしくなる、肌にハリが出てくる、といった美肌効果があると言われています。
美肌効果以外にも更年期障害の症状の改善http://www.kellysmissionrock.com/older.html
動脈硬化の予防、ダイエット効果などが期待できると言われているイソフラボンは、生理不順の改善にも役立つと言われています。
生理不順と一口に言っても、周期が長い、短い、生理期間が長い、周期が一定していないなどさまざまな症状があります。

原因は子宮や卵巣に病気が隠れている場合もありますし、ストレスなどの影響で一時的にホルモンバランスが乱れているせいかもしれません。
生理不順になるのは、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンのバランスが乱れているからです。
イソフラボンには女性ホルモンのバランスを整える働きがあり、その効果によって生理不順の改善に役立つとされています。

また、血行不良も生理不順の原因になるもの。
イソフラボンには血管を丈夫にきれいにする働きがあり、血液をサラサラにしてくれるのです。
イソフラボンの1日の摂取量の上限は70~75mgです。

それ以上摂るとhttp://ancientgreece-earlyamerica.com/07daizu.htmlにもかいてありますが、
女性ホルモンのバランスを崩してしまうことがあり、生理痛の原因になってしまうそうなので適切な量を摂取するようにしましょう。
また、生理不順の改善のためには、ストレスを溜めない、体を冷やさない、適度な運動をするなど、日常生活においての配慮も必要です。
▼イソフラボンが含まれている食品はこちら

また効率の良い摂取方法も載っていますので参考にしてください。

このページの先頭へ