骨粗しょう症

骨粗しょう症にイソフラボンが効果的

女性は年を取ると骨がもろくなると言われています。
その理由の一つが女性ホルモンのエストロゲンが失われるせいです。
エストロゲンは骨の生成や健康に深い係わりがあるのです。

骨は古い骨を溶かす細胞と、新しい骨を生成する細胞がバランスよく働くことで骨の健康を保っています。
エストロゲンには古い骨を溶かす細胞を減らし、新しい骨を作る細胞を増やす働きがあるのです。
さらに、食べ物から吸収されたビタミンDを吸収しやすくする働きもします。

骨の生成や健康にエストロゲンは欠かせないものなのです。
しかし、女性は閉経前後からエストロゲンの分泌が減るため、急激に骨密度が低下します。
そのため、骨粗しょう症になりやすくなるのです。

骨粗しょう症を予防するには、エストロゲンの働きと似た作用のあるイソフラボンが活躍します。
イソフラボンの働きにより、女性ホルモンのバランスが正常になり、骨の生成を促したり、骨の生成に必要なカルシウムを吸収しやすくさせ、骨を丈夫にしてくれるのです。
骨粗しょう症を予防することで、骨が健康になり、骨折などの予防となるほか、猫背などの予防にもなります。
イソフラボンの豊富な納豆や豆腐などの大豆製品を摂って、適度な運動をして、骨粗しょう症を予防しましょう。
また、是非イソフラボンと合わせて摂取して頂きたいアラキドン酸サプリメントについての記事も参考にご覧ください。

このページの先頭へ