骨粗しょう症

食生活改善とイソフラボン

アンチシジングに効果的と言われるイソフラボンは1日に約30mgの摂取が必要だと言われています。
しかし、そこまでイソフラボンを摂取しているという人が少ないようです。
自分の食生活を振り返ってみると、イソフラボンを含む食材をどれくらい摂っているでしょうか?
納豆であれば1パック、豆腐で半丁程度が1日の摂取量に相当すると言われています。

しかし、忙しい毎日を送っていると、毎日イソフラボンを摂るのは簡単ではないですね。
美容と健康にいいと言われるイソフラボンですから、何とか毎日の食事に取り入れていきたいものです。
イソフラボンを含むのは納豆や豆腐ばかりではありません。

油揚げや厚揚げ、味噌、豆乳、きな粉、枝豆、ソラマメなどの大豆製品にイソフラボンは多く含まれています。
そういった食材で取り入れやすいものを、食生活に入れていきましょう。
必ず納豆を1日に1回は食べなくては、と考えなくでも、おつまみに枝豆を食べる、お味噌汁に豆腐や油揚げなどを入れる、豆腐においては鍋に入れたり、豆腐ステーキなど洋風の味付けにしてもいいですね。
イソフラボンを含む食材を取り入れることを意識するだけでも、低カロリーの食事になりますから、ダイエットになります。
イソフラボンが足りない人は、食生活を改善しイソフラボンを摂取することで、自然と美肌やダイエット効果が現れますよ。

このページの先頭へ